出会い系サイトの歴史 | 過去〜現在まで

出会い系サイトの歴史 | 過去〜現在まで

出会い系サイトのにも歴史があります。なんだか出会い系の歴史ってじゃっかん笑っちゃいそうですが・・・。

 

過去〜現在までの出会い系の推移を時系列でご紹介していきますね。

 

そもそもの発端は携帯電話の普及が始まり

2000年頃携帯電話が個人でも手軽に利用できるようになった頃、iモードというインターネット接続サービスが一般的に使用されるようになりました。

 

出会い系サイトはこのインターネットの普及と共に登場しました。

 

この頃の出会い系サイトは正直乱立されており、援助交際目的の掲示板〜サクラしか居ない詐欺サイトまで、様々でした。

 

出会えない出会い系サイトの時代

2008年頃から2012年にかけてとんでもない出会い系サイトが急増しました。それが、出会えない出会い系サイトです。

 

これがどのような仕組かと言いますと、出会い系の中にいる会員を全員サクラで固め、ひたすらポイントを消費させていくという手法です。

 

この頃の出会い系はハッピーメールやワクワクメールのようなメールを送るたびにポイントが消費される仕組みです。

 

ポイントはお金で購入し、メールを受信したり送信したり、女の子のプロフィールを見たりするとポイントが減っていきます。

 

これを利用して出会いサイトにサクラを忍ばせて(プロフィール写真が可愛かったりする)我々消費者からお金を巻き上げていくという構図です。

 

フェイスブック恋活の登場

2013年頃から急激に流行りだしたのがフェイスブック恋活です。

 

フェイスブックのアカウントを使用することで信頼性やサクラを排除できることで、本当に出会える!出会い系がついに登場しました。

 

フェイスブックのアカウントは利用するといっても、実際に使用していることは他のFB友達にバレない仕組みになっています。

 

また、フェイスブック恋活で人気のペアーズ(pairs)は参加するにはフェイスブックのアカントが友達10人以上必要だったり、

 

24時間365日、不正がないか?運営側が徹底的に安心して利用できる環境作りを行ってます。

 

フェイスブック恋活は本当に出会えるのか?

実際に私もペアーズで女の子と出会ることができました。詳しくは「ペアーズは評判通り、可愛い子がいるのか?【徹底検証】」参照。

 

また、ペアーズ料金システムはポイント消費型ではなく、月額制の使い放題です。なのでサクラがそもそも不要なシステムなのです。

 

フェイスブックアカントを使用するのでごく普通の女性参加も多いです。

 

 

関連記事


このページの先頭へ戻る